アーユルベーダとモリンガの関係





HOME » アーユルベーダでのモリンガの歴史

アーユルベーダでのモリンガの歴史

あちこちのエステやアロマサロンなど、癒しを求めてアーユルベーダの人気が高まっています。アーユルベーダとはインド発祥で、世界最古とされている伝承医学のことです。その概念は医学のみにとどまらず、哲学、生活の知恵や生命科学までをも幅広く内包しているのです。

この古代インドの叡智は、病気治療と言うよりも、病気になりにくい心身を作ることで病気を防ぐ、予防医学と言う考え方を基にしています。

そしてこの約5000年とも言われる長い歴史を持つアーユルベーダで、有益な植物の一つとされているのが北インド原産のモリンガなのです。葉っぱ、花、種、鞘、根と、余すところなく利用できるモリンガは、なんと300もの病気を防ぐことができるとアーユルベーダ中に記されていました。

原産国のインドでは、現在もカレーの香辛料に使われたり、お茶として引用されたりなど、生活の中に溶け込んでいます。また、モリンガは、その高い栄養素から奇跡の植物として知られています。モリンガは、国連の世界保健機構(WHO)によって有用樹木と認定されました。モリンガはただ歴史が古いだけではありません。その効果が古くから知られ、そしてその高さが現代で再確認されているため、このように今日でも愛用されているのです。

奇跡の木

私たちの食生活は、近年、欧米化してきています。こってりとした肉やインスタント、レトルト食品を多用するようになり、仕事が忙しいと、自炊をすることも少なくなりました。このことが原因で、身体にコレステロールが蓄積され、肥満に悩む人も多いようです。

肥満はただ太っているだけではなく、いろんな病気になるリスクがあります。例を挙げるなら、糖尿病や心臓病もそのうちの一つです。特に怖いのが糖尿病であり、進行すると、手足の壊疽、腎機能の低下、突然の失明などいろんな影響を身体にもたらします。

そういう理由で、普段から肥満を解消することが大事です。まず、食事の見直しをして、野菜や果物をしっかり取るようにしましょう。また、身体に良いサプリ健康食品を摂取することも健康には良いことです。

例えば、モリンガは近頃流行しており、芸能人の間でも飲んでいる人もいるようです。モリンガとは、アフリカや南アジアなどの亜熱帯地方に自生する植物で、その特徴としては、葉や茎、根など全てを使用することが可能だと言われています。そのため、奇跡の木とも言われているのです。身体の老化を予防して、細胞の若さを保つ効果により、身体の中から綺麗になったり、血糖値を低下させる働きによって、糖尿病を予防したりする働きがあります。

サプリなら毎日飲むことが出来ますので、食事の見直しと共に、モリンガを飲むことをおすすめします。