モリンガの持つ栄養素の効果について





HOME » 栄養素について

他の食材と比較して栄養価がどのくらい高いか

モリンガとは生命の木、奇跡の木とも呼ばれており、インドやアフリカでは一般的であり数年で成長する熱帯の早世樹で、葉、実、花は食用として、種や種子からはオイルなど、樹皮はマットやロープにと捨てるところがないと言われています。

モリンガが注目を集めているのはその栄養価です。病を癒し、水を浄化し、空腹を満たす生命の木、そんな美容、環境、健康によい万能の植物モリンガには、驚くほど多くの栄養素が含まれています。他の食材と比較すると、食物繊維はゴボウの5倍、カリウムはバナナの3倍、ビタミンAはホウレンソウの13倍、マグネシウムは卵の36倍、カルシウムは牛乳の20倍、亜鉛はニンニクの7倍、ポリフェノールは赤ワインの8倍、ビタミン、葉酸、ミネラルから、グルタミン酸、アルギニン、イソロイシンなどのアミノ酸も多種含有しています。

中でもギャバは発芽玄米の12~30倍ともいわれ様々な健康作用に効果的と注目を集めています。他の食材と比較しても、たったひとつの植物がこれだけの豊富な栄養素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを含有しているものは他に類を見ません。自然の力を贅沢に授かったモリンガは美容や体調管理といった健康に役立ってくれます。

栄養素の効果について

モリンガとは、西洋わさびの木という和名を持つ植物のことで、亜熱帯や熱帯地方などに自生しています。このモリンガの特徴は、その育成の早さ。1年目で結実し、2年目で約10メートルにもなります。そしてなんといっても最大の特徴は、葉や茎や根など、その全てに豊富な栄養素が含まれているところではないでしょうか。具体的にどんな栄養素が含まれているのか、以下にまとめてみました。

・ビタミン、ミネラル

体内では合成することができないミネラルが豊富に含まれています。
また、何種類ものビタミンが含まれているため、美容や健康に高い効果があります。

・必須アミノ酸

普段の生活で不足しがちな必須アミノ酸も多く含まれており、体の機能を正常に保ってくれます。

・ポリフェノール

抗酸化作用を持つポリフェノールも豊富なので、生活習慣病の予防にも最適です。

いかがでしょうか。

今、このモリンガをお茶にしたものや、サプリメントにしたものが多く販売されています。インターネットで通信販売を行なっているサイトも多いので、そうしたサイトを利用すれば、手軽に自分に合ったものを見つけることができるでしょう。最近、健康が気になってきたという方は、このモリンガを試してみてはいかがでしょうか。